よるのきつね

0



    「よるのきつね
    文/小玉陽子 絵/わたなべいくこ」

    よるのきつねはいつも泣いている

    ぽっかり浮かんだ月をみて

    いつもちろり ちろりと泣いている

    そのうちあんまり泣きすぎて

    なみだで目がふわふわ溶けて

    やがてはまっ白にもやがかかったみたいに何もみえなくなるのです

    するときつねは まるでからだが綿菓子につつまれたみたいにふわふわ浮かんできて

    よるの空を飛ぶゆめをみる

    ふわふわふわふわ

    飛んで少しだけ お月さんに近づいたそんな気分になる

    ふと気がつくと まわりはあかるくなっていて

    いつの間にか草のうえでねていたきつねは

    草の葉っぱのなかに とけるてまえのようなちいさな綿菓子みたいな目ん玉見つけるのでした

    そして今日もまたあたらしい目ん玉が 顔にちゃんとふたっつついているのでした





    ※小玉陽子さんはお友達の女優さんで、舞台での活動などされてます。
    文章がとても良かったので、絵を描かせていただきました。小玉さん、ありがとうございました!

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.05.20 Saturday
      • -
      • 23:14
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      いくこさん、とてもふしぎで、いろんな空気、いろんなせかい。
      ありがとうございますっ。。◎
      • こだま
      • 2014/11/02 3:59 PM
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM